Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Dariusz Jemielniak/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Dariusz Jemielniak and the translation is 48% complete.

ダリウス・ジェミールニアク

ダリウス・ジェミールニアク (pundit)

pundit (talk meta edits global user summary CA  AE)

候補者の詳細
ダリウス・ジェミールニアク
候補者の映像による声明
  • 自己紹介:
  • 活動:
    • ウィキメディア参加時期: 2007
    • 活動中のウィキ: plwiki, enwiki, Commons
所信表明 (450語以内) 私は2015年からウィキメディア財団理事会に参加しています。理事会の仕事によって、私はすべてのwikiを使用する時間とそれ以上の時間を費やしてしまいました。 それはイライラし、難しく、そしてタフです。 それでも、それは魅力的だと思います。私はそれが得意だと思います。今年の取締役会の急速な拡大と、私が再選に立候補している唯一の受託者であるという事実を考えると、 理事会の仕組みを理解するには本当に時間がかかるので、私は最後の任期に出馬し、継続性と経験による監督をしていきます。

私について:私は管理者、ビューロクラット、チェックユーザー、スチュワード、オンブズマン、資金配分委員会議長を務めていました。本職では、私はコズミンスキー大学経営学の教授、及びハーバード大学バークマン・センター学部仲間で、オンライン協力ツールを学んでいます。私はウィキペディアの最初の民族誌一般常識とは (2014年 ‎スタンフォード大学出版局‎)を、最近では、共同作業社会を書きました。私がなぜウィキペディアが大規模なロールプレイングゲームであるかと考えるかについてはWiredで読むことができます。私はほかの理事を2つ務めていて、戦略的コンサルティングの経験があります。私はフェミニストであり、LGBTQの権利擁護者です。私は、Women's Strikeの顧問であり、ポーランドのプライドパレードの名誉委員会に長年務めてきました。私の理事としての自己評価フォームはここで入手可能です。

私の目標について:再選された場合は、私が設定した目標を継続したいと思っています。この任期に対する私の主な希望は次の5つです。新しい理事と新しいCEO(私が探すのを手伝う)の成功したオンボーディング、ウィキメディア財団がコミュニティに耳を傾けるためのより良い手順を開発することを確認すること(すでに大幅に改善されていると思いますが)、コミュニティによるフィードバックを集約するためのツールを開発の可能化、エコシステムで加盟が明確で重要な役割を果たしていることを確認、財団が成長するにつれて成長すること(また、成長自体が目標ではないことを確認してください)。私の大きな夢は、ハラスメントとの闘いと情報の喪失(現在、250万米ドル近くの予算で3つの研究助成金を実施しているため、私が専門とする分野)及び地域と性別格差の削減です。そして、私たちの運動の中でリーダーシップと戦略トレーニングを開発することです。私の理想的な希望は、数年以内にほとんどの組織のリーダーシップのポジションのための内部能力を内部で構築することであり、おそらく私たちはできることで、私たちのボランティアは恩返しを受けるに値するので、人々が日常業務に使用できる証明書付きの構造化されたプログラムさえ持っています。最後に、私たちは財団と運動の両方として、より外側に目を向け始め、「今後の技術的課題」(AR革命など)に備えることができることを願っています。

理事会の上位三優先事項 1. finishing the governance reform and onboarding,

2. tackling disinformation and other new tech challenges,

3. solidifying the movement governance and financing, including the Global South.

ウィキメディア運動戦略の上位三優先事項 1. リーダーシップ開発 (特に代表者が少ない地域では)

2. より広い読者や聞こえにくいもの、そして息の詰まるような声を聞く

3. Improving governance and collaboration between the Foundation and the affiliates (and making a clearer division of responsibilities).

確認 完了した確認作業
立候補資格: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Matanya (talk) 20:15, 1 July 2021 (UTC)
身分証明: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Joe Sutherland (Wikimedia Foundation) (talk) 22:46, 28 June 2021 (UTC)
理事評価フォーム
理事評価フォーム
経験年数
<1 1–2 2–5 5–10 10+

ウィキメディアにおける経験 候補者には、ウィキメディア運動への献身的な貢献者であることが求められます。要件を満たす貢献には以下を含みます:ウィキメディア・プロジェクトへの貢献、ウィキメディア財団や提携団体の構成員であること、ウィキメディア運動の取りまとめ役としての活動、もしくはウィキメディア運動の協力組織への参加。

10+ years: I have been a Wikimedian since 2007. I served in the roles of admin, bureaucrat, checkuser, ombudsman, steward, and the FDC chair (for three terms), among others.

理事としての経験 候補者が、全国的もしくは世界的な組織(非営利、営利、もしくは政府)において理事や取締役などを務めたことがあるか。

10+ years: I've served on the WMF Board since 2015. I am a trustee and vice chair of Escola S.A., a public traded company in Poland (a leading mobile apps developer). I have also served on the board of Copernicus Science Center (with 1 million visitors per annum) since 2011.

役員経験 候補者が、規模、複雑性、活動範囲においてウィキメディア財団に匹敵するかそれを上回る規模の組織、部門もしくはプロジェクトにおいて役員を務めたことがあるか。

I don't have executive experience at this scale. I do have executive experience though. Currently, I run a university department with 20 people, and solely decide about a research budget of ~2.5 million USD. I founded, scaled and sold ling.pl (the largest online dictionary in Poland, with 15 million monthly views at top). I co-founded InstaLing, an educational platform currently used by over 220 thousand students weekly, where I lead a team of 15 people. 1998-2004 I was also an ED of an NGO (Collegium Invisibile, from the Soros Network) with an annual budget of approx. 65 thousand USD.

内容領域専門性 候補者が、ウィキメディア財団と理事会の活動に関連する分野において働いたか、もしくはかなりのボランティア活動を行ったことがあるか。これらの分野は毎年決定され、グローバル運動の構築やコミュニティの組織化、企業レベルのプラットフォーム技術と製品の開発、公共政策と法律、知識分野(例:学術/GLAM/教育)、人権と社会正義、オープンインターネット/フリー・オープンソースソフトウェア、組織戦略と運営、財務と財務監督、非営利の資金調達、人材管理、理事会のガバナンスのような分野を含みます。

10+ years: I consult on strategy professionally, and currently I'm a chief community strategist at Foap, a startup with 3 million users aimed at making content creators get a more fair share of royalties. As a professor of management, I held various long-term appointments at top schools, including Cornell University, Berkeley, MIT, or Harvard (where I'm currently a faculty associate at Berkman-Klein Center for Internet and Society). I serve as an advisor to Women's Strike, a Polish movement combating draconian reproductive laws limitations (strictest in EU). I've also served on the honorary committee of Polish Pride Parade for many years.

多様性:経歴 候補者が、権力構造の中で歴史的差別や低代表に直面してきた集団に属しているか、属していたか(例えば、性、人種、民族、障害、LGBTQ+、社会階級、経済的地位、もしくはカースト)

Partly: I am a white CIS, straight man, which already puts me in a highly privileged group worldwide without any doubt. However, for many years I lived for about 20 USD per month, could not travel (I still remember the first time I flew an airplane and went to a Western country, already as an adult... The smells, the colors - shocked me :) It was not until I was way above 30 that I stopped treating all Westerners as smarter and better educated by default...), and I come from a region historically rarely represented in the structures of power.

多様性:地理的 候補者が地理的な居住地域に基づき、理事会の全体的な地理的多様性に貢献するか。

Yes: My home is in Poland, and I also lived for 2+ years in the US and Denmark.

多様性:言語 候補者が、英語以外の言語のネイティブスピーカーであるか。

Yes (Polish)

多様性:政治システムの経験 候補者に、非民主的・検閲国家・抑圧的な状況において長く居住もしくは就労した経験があるか。

Yes: I grew up in communist Poland. I had to constantly watch what I was saying not to get my parents in jail, and I know what actual censorship is (also, I'm pretty good at reading double talk, be it corporate PR or state propaganda). Depressingly enough, my country nowadays is slipping into an authoritarian regime again.