戦略/ウィキメディア運動/2017/プロセス/前提

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Strategy/Wikimedia movement/2017/Process/Premises and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎latviešu • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎български • ‎русский • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語

前提

運動は

  • あらゆる知識の集積を全ての個人が自由に共有することのできる世界。それが私たちの世界観なのです。 (Vision より引用; 提案者Guillaume)
  • 私たちは優秀であることを常に目指します。 (Values より引用; 提案者Guillaume)
意図

私たちは、自分自身、プロジェクトとコミュニティ、世界を絶えずよりよくしようと努めています。イニシアチブと実験によって、世界をよりよい場所、すばらしい場所にしようと同じ道を行き来しています。好奇心と謙虚さ、間違いや成功から学びます。私たちの務めは資源を管理し、優れた製品とサービスを提供することだと自覚しています。

  • 個性を出して大切にしましょう (Valuesより引用; 提案者 Guillaume)
意図

あらゆる知識の集積を全ての個人が自由に共有することのできる世界。「人」を抜きにこれを実現できません。私たちの目標は、知識にアクセスできるかどうかだけではないからです。文化として、私たちと一緒に参加しませんかと呼びかけ、一緒に成長を目指すこと。人類の多様性を一緒に喜ぶこと。「あなたと私たちは一緒に存在する」と宣言することです。

お互いに違うところがあるから素晴らしい。だから人は賢くも強くもなれるし、尊大がらずに済むのです。人類が多様だから、お互いの弱さを補い、かたよった物の見方をバランスできます。固まった頭をやわらかく。問題に取り組むとき、さなざまな人の視点から見ると私たちは解決能力が最大に発揮できます。

私たちには限界があります。ぜひ私たちにはできないことをしてください、お互いに協力しあいましょう。もし声を出せなかったり、返事がもらえない、または声が消されてしまったりしたとき、解決策を探します。私たちは違いを恐れません。新しい出会いは興味深いし、嬉しいし希望の始まりです。

  • 私たちは一緒にこの道を進むのです。 (Valuesより引用; 提案者 Guillaume)
意図

共同作業は必ずしも美しいとは限らないし、時には苦労もともないます。難しくても共同作業にはそれだけの価値があり、私たちをより強くするのです。一緒ならよりよい問題ができます。うまく進めるには、私たち一人ひとりが正直に、説明責任を果たしてお互いに透明な関係を保つ必要があります。

  • お互いの理解を求める努力をおこたりません。 (Valuesより引用; 提案者 Guillaume)
意図

私たちの言葉には力があります。 言ったことは結果をもたらします。理解を深めるために市民と対話するには、優しさ、神経を使うこと、尊敬、接し方、共感、信頼、そして安全感が欠かせません。それは質の良い情報を発信し、受け渡しできるうえで重要なのです。人々が自分自身を表現して聞いてもらっても安全だと感じる空間を作り出さなければなりません。これは特に、意見が同じではない場合にこそ当てはまります。他の人が何を感じているのか理解できなくても、私たちにはその人自身を理解したいと願っています。

私たちはお互いの共感を重んじます。礼儀正しくない者を受け入れません。

  • 私たちは前向き志向です。 (Valuesより引用; 提案者 Guillaume)
意図

私たちの原動力はより良い未来像を想像すること。 新しいアイデアやつながりのために空間作りをします。知的好奇心は楽しいことをしているときに生まれるのです。でも戸惑ったり考えこんだりしても問題ありません。あまり自分を追い詰めなくていいのですから。

私たちが前向き志向だということと、素晴らしい成果をあげることは切り離せません。

  • 私たちは予想ではなく結果を重視します。 (提案者 Frank Schulenburg)
意図

肯定的な変化を起こそうと努力している私たちは、目的を達成して成果をあげ、影響を与えることに集中します。成果が導き出すアプローチに責任を持ち、お互いに高めあって、プロセスとプログラムがきちんと効果を出しているかどうか常に効果を見つめようとしていす。そうすれば、進行につれて必要なら進路を修正できます。

このプロセスの参加者の姿とは :

  • 私たちの共通認識では、議論は必ずきちんとした結論を作りだします。 (Guillaumeの提案)
意図

運動の内外にかかわらず、どんな人もこの戦略プロセスに参加してください。でも議論には時間と場所を決めなければ始まりません。もしサイクルの途中でぬけたり出席できなかったとしても、あとでフィードバックをあげてもらえます。ただ、欠席した議論の結論は受け入れてもらう必要があります。

  • We acknowledge the reality of the resources needed to implement what we agree on.

私たちの認識では、私たちが合意した内容は現実的に必要な資源や予算とつりあう必要があります。 (提案者 Guillaume)

意図

この議論には想像力に合わせて現実を見つめる力が必要です。議論しながら見えてくる方向性や目標には、決定とリソースがなければなりません。結論にこだわるか、それを実行する方法を重視するか。これらは両立しないからです。

  • 私たちは、ウィキメディア運動全体のための共同戦略を考えています。 (proposed by MichaelMaggs)
意味

ウィキメディア運動は組織やグループ、コミュニティや個人 (具体的にはウィキメディア財団、関連団体、グループ、編集者、オフラインボランティア、読者など) の多種多様な組み合わせで、それぞれが異なる視点を持っています。ここでの焦点は、特定の部分ではなく、運動全体の「協同」戦略を考えることなのです。

  • 私たちは編集者と同様に読者を尊重します。 (提案者 Libcub)
意図

同時代性を保つには、貢献する人たち(編集者、開発者など)の存在が欠かせません。そして同じくらい大切なのがWMFプロジェクトのコンテンツのユーザー、読者です。どちらのコミュニティも育てていく必要があります。