ユニバーサルな行動規範UCoC/よくある質問

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Universal Code of Conduct/FAQ and the translation is 98% complete.
ユニバーサル行動規範


聞き取り調査

1. UCoCは、他の運動戦略の取り組みや話し合い、例えば運動憲章 Movement Charter に対して、どのように関連しますか?
ユニバーサル行動規範(UCoC)は、ウィキメディア2030コミュニティ対話・戦略プロセスから登場した、重要なイニシアチブです。運動戦略の3番目の勧告は、コミュニティ内の安全性と包括性に寄与することであり、行動規範の作成は、この推奨事項で最優先のイニシアチブであると評価されました。UCoCの協議と並行して、運動憲章といった他の運動戦略のイニシアチブに関するグローバルな対話が進んでいます。
2.聞き取り調査を行うローカルな言語コミュニティは、何を基準に選んだのですか?
第1フェーズのローカル言語コミュニティの聞き取り調査では、発展の度合いやローカルの行動規範の状況を含め、いくつかの要素に基づいて対象を選定しました。第1フェーズの詳細はこちらをご参照ください。適性がありその言語を話すファシリテーターが確保できるかも考慮されました。
第2フェーズでは、第1フェーズと同様、たくさんの要素を参考に聴き取り対象コミュニティを選びました。第一の要素はさまざまな言語のウィキメディア・プロジェクトの、既存のローカル方針の施行機構についてのデータでした。ファシリテーターは、多様な視点を取り入れるため、施行のレベルにばらつきがある様々なコミュニティを代表するよう選ばれました。適任者の存在有無や、地理的に広い範囲をカバーしたいという希望も要因となっています。
3.ウィキメディア財団は、ユニバーサルな行動規範(UCoC)がウィキメディアのあらゆるプロジェクトや空間に対して適用されると知らせましたか?
しました。UCoCは利用規約に組み込まれる予定であり、どの個別コミュニティもこれを拒むことはできません。もし既存のローカルの方針や慣習がUCoCに反すると思われる場合は、矛盾点を検証し解決するため、その懸念を手順の早期に表明する必要があります。2021年2月2日、理事会はUCoCをウィキメディア運動におけるすべてのプロジェクトや活動に適用される方針(policy)として正式に承認しました。この適用範囲※1はまた、第1フェーズの方針を起草するための聞き取り調査の開始時期から明示してあり、メタとウィキメディア・メーリングリストの双方はじめ多くのプロジェクトで告知しました。小規模ならびに中規模ウィキ群に対する告知の一覧はこちらのページをご参照ください。大規模なオンウィキ※2聞き取り調査の詳細は こちらをご覧ください。(※:1=scope。2=on-wiki)

翻訳

4. どのような言語でも、UCoC ならびにその関連の文書を入手できますか?
UCoCプロジェクトチームはすべての主な文書と発表※1を、できるだけ多くの言語に翻訳するよう、企業※2やボランティア翻訳を組み合わせながら取り組む予定です。これは時間を要する大きな努力であり、私たち(訳注=財団)単体では達成できません。文書の翻訳を引き受けても良いというボランティアの皆さん、または新しい(訳注=未訳の)言語に翻訳してほしいと要望がある皆さんは、メールにて ucocproject(_AT_)wikimedia.org 宛てにご連絡くださるようお願いします。全ての文書を全ての言語に翻訳することは不可能でも、言語を超えた UCoC 過程への参加を可能にするため真摯に取り組みます。(※:1=all major documentation and announcements。2=agency。3=who would like to translate materials。)
5. 翻訳の不一致もしくは解釈の衝突が発生した場合、どの言語版の草稿を公式版と見なすのですか?
UCoCチームはこれまでUCoC方針や施行ガイドライン、その関連ページをできるだけ多くの言語に翻訳して公表しようとしてきました。しかしながら、翻訳は不完全であり、また翻訳を完了するためにさまざまな戦略※1(有償機関、ボランティア、職員その他※2)を採用しそれぞれに翻訳精度の課題※3を抱えています。コミュニティの皆さんには私たちが(訳注=文書の間の)矛盾※4を発見・訂正する手助けをし、あわせて矛盾の修正には時間を要する点にご理解をいただきたいのです。その過程が完了するまで、英語版を正式版としておきます。(※:1=a number of strategies。2=paid agency, volunteer, staff, etc.。3=challenges with accuracy。4=discrepancies。)

施行

6. UCoC施行はどういう計画で進めるのですか、たとえば誰が施行の責任者ですか? 
財団理事会(以下理事会または BoT とする)の指令に従い施行はプロジェクトの第2フェーズの焦点であり、UCoC 最終版が理事会承認を受けたと2月2日に発表した後に当期が始まっています。これはすなわちウィキメディアのコミュニティ群はローカルのレベルでどのようにUCoC を適用し解釈し施行するか※1定義することを意味します。影響を受けた当事者とコミュニティはもれなく協議に積極的に参加しコミュニティに既存の慣行、方針、手続き※2との互換性を求めるよう推奨されます。最終的に UCoC ならびにその施行戦略の趣旨は運動全体の基本線として役立つことです。そうは言っても個別のプロジェクトのコミュニティはこの努力と、さらに固有の行動規範を作成するよう奨励されています。(※:1=applied, interpreted, and enforced。2=community practices, policies, and procedures。)
7. UCoC 違反の現実的な対処ですが、例えば財団もしくはウィキメディア提携団体主催のイベントでは友好的であるべき場の方針が適用されるのですが、その場合は? ふたつの方針のどちらが優先するのですか?
UCoC はあくまでも最低限のガイドライン一式を提供するものであり、まず第一に、常にローカルの方針を参照し、また、ローカルの実状に当てはまる方針を作成すべきです。これは、あらゆるウィキメディアのプロジェクトでの言動と同様、イベントにおいても該当します。UCoC とは、ローカルの方針もしくは施行の仕組みがその時点の懸案に対応するには充分ではない場合に限定し、用いるたまにあります。
8. UCoC 違反を非公開で通報した場合、ウィキメディアのコミュニティにおける自由で透明性のある文化(たとえばページ変更履歴が全員に可視化されているなど)に反しませんか?
既存の事例として通報が非公開で受領される理由はさまざまで、その例として個人特定情報の開示もしくは秘匿を必須とする、危害の脅迫その他の神経を使う問題があります。そのような通報は定量的に信頼安全チーム/法務部門、スチュワード、チェックユーザー、オーバーサイト、裁定委員会その他の役務者に宛てて提出されています。嫌がらせ行為を公開の場に通報することにこれまでに難色を示した参加者はかなりの数がいて、それを引き金にさらに嫌がらせが加わるのを恐れたからです。第2フェーズで重要な考察として透明性と嫌がらせ行為の被害者の保護義務とのバランスを探ることになる見込みです。
9. UCoC施行に責任を負う人たちに対して、財団はどんな支援を行うつもりですか?
財団は、UCoC進展のすべての段階を支えるべく真剣に取り組みます。方針の草案作り、施行についての聞き取り調査、さらに施行の課程が確実によく機能するよう図ります。これまでにUCoCが趣旨どおりにきちんと実施されるよう、いくつかの段階を経てきました。これにはUCoCの施行に責任をとるであろう立場に支援を提供することも含まれます。一例として財団のコミュニティ開発チームはオンライン研修プログラムのパイロット版を立ち上げました。第2フェーズの聞き取り調査を介してコミュニティのニーズをより深く理解し、支援のうちどれを優先するかなど互いに合意できると見込んでいます。

定期的な見直し

10.UCoC が形成されたのち、定期的な見直しや改訂はされますか? もし実施するなら、その実行責任は誰が担うのですか?
はい。財団の法務部門(Legal Department)は、UCoCの完成版が理事会によって受理されてから1年後に、UCoCの見直しを行う予定です。それ以降の見直しは、たとえば運動戦略プロセスで推奨されたように組織統治機構を新設しそれらが調整するかもしれません。(※=facilitate)
11. 将来的に緊急に変更の必要が発生したら方針の見直しは誰がするのですか?
財団の他の方針と同様に、緊急に変更の必要が発生した場合、財団の法務部に提出してください※1。法務部は過去にコミュニティ主導の修正協議(例えば、2014 利用規約/有償投稿に関する修正)を主導し、こうした状況を調整する※2仕組みと過程※3を有します。(※:1=can be submitted to。2=Terms of usePaid contribution amendment。3=process。)

ローカルでの方針と矛盾する場合

12. ローカルの方針が UCoC と衝突する場合の措置は?
理事会がUCoCを受諾した後、ウィキメディアのすべてのコミュニティは、それぞれの方針を見直して(訳注=ローカルに)既存の方針がUCoCの期待するところに応えているかどうかを確認するよう奨励される見込みです。各コミュニティはUCoCを上回る精巧な方針を作成できますが、地域の方針はUCoCが設定した基本的な基準を下回らないことを確実にしなければなりません。必要であれば、コミュニティと財団は方針の調和を図るために協働できます。財団は、プロジェクトが完了するまで支援を提供する予定です。
13.プロジェクトに既にローカルの方針や指針があっても、UCoC は適用されるのですか?
UCoCは、運動全体のもっとも基本的な行動基準の策定をその趣旨とします。よく練られた方針を持つプロジェクトに限っては、UCoCの期待するところに応えているか上回っており一般にグローバル方針を遵守するためにローカル方針に多くの変更をほどこす必要はないと見込まれます。
14. どの【ウィキメディア プロジェクト】にも、そのプロジェクトの利用者が自分たちのニーズに基づいて書いた固有の行動方針とガイドラインがあります。UCoC は既存の方針やガイドラインを変えさせるのですか?
UCoC の趣旨は既存の、有効な行動規準を置き換えることにありません。むしろ、UCoC はすべてのプロジェクトにおいて基本の規準となり、中でも行動の規準がごく少ししかないもしくは皆無のプロジェクトでそうなります。各コミュニティは独自の文化的規範により適した規準を作るため、あるいは既存のガイドラインを進展させるため、必要に応じて UCoC を使ってください。
15. もし UCoC が私たちのコミュニティのニーズと 100% は合致しない場合はどうしますか?
UCoC はコミュニティの全てのニーズには対応できないはずです。さらにまた、UCoC は将来的に発展することは明白です。これを下敷きに、独自の方針を定めるようコミュニティには推奨されます。一例として、UCoC には「焦点はご自分という一個人の編集者に限らず、ウィキメディアというコミュニティ全体に最適かどうかにあります」と述べています。これはあまりにも広範です。このような場合の対処に関して、ウィキメディアのプロジェクト群の多くにはすでにより詳細な方針が定めてあり、利益相反(Conflicts of Interest)などがそれにあたります。皆さんのプロジェクトにまだ未導入なら、この主題におけるいかなる衝突も UCoC に定めるそのような文章が依拠すべき規則(the fallback rule)となり得ます。 しかし UCoC はまた、この主題その他に関してもっと詳細な方針作りが求められると気づかせてくれるものでもあります。
16. どのようにして、それぞれの文化的な背景に、UCoC を適合させますか?
UCoC は、あらゆる文化的な背景に適合するわけではないかもしれませんが、草稿の作り手たちは包摂性をできる限り高めるよう努力しています。UCoC チームは実際に独得の文化背景があるコミュニティにアウトリーチして、フィードバックを集めました。草稿委員会ではそれらの情報提供を草稿作りで考慮に入れました。もし草稿にまだ文化格差を発見されたら、ぜひUCoC のメインのトークページにてご指摘ください。(※=outreach。)

利用規約との重複

17. 利用規約 (ToU) の第4節に「特定の行動は慎む」(Refraining from Certain Activities)として行動の方針を規定してあるのに、UCoC をほんとうに設置する必要はあるのですか ?
ウィキメディアの利用規約第4項には、著作権侵害や有償投稿といった投稿内容のガイドラインとあわせて、利用者の行動のガイドラインの一部がまとめてあります。しかしながら総覧ではありません。ユニバーサル行動規範(Universal Code of Conduct)は期待される行動をより詳しく述べ、コミュニティが利用規約(ToU)第4項遵守の支援をすることを趣旨とします。
18. なぜ、利用規約の第4節の改訂ではなくわざわざ新規に UCoC を書きつつあるのですか?
利用規約の読みやすさと簡明さを保つため、情報によって細目を他の文書に分離しています。類例として「ライセンスの方針」※1ならびに「コモンズのライセンスの方針」※2は(訳注=利用規約に)リンクを置いています。利用規約の承諾はすなわちそれらの文書の承諾をも意味します。ユニバーサルな行動規範は分離することで必要に応じて詳細に記述できます。またそれにより運動としての需要の変動に合わせた更新がよりしやすくなります。(※:1=Licensing Policy。2=Commons Licensing Policy。)

ウィキメディア財団の役割

19.なぜこの方針にウィキメディア財団(WMF)が関与するのですか?
ウィキメディア財団は理事会の要請を受けてプロセスを支援しています。運動戦略のプロセスで【コミュニティ←どのコミュニティ? 特定のコミュニティでしょうか】の皆さんが進めた勧告※1にしたがい、UCoC はボランティアと職員の両方で構成する委員会※2が記述しました。(※:1=recommendations advanced by community members。2=

committee comprised of both volunteers and Foundation staff)

20.UCoC の違反者が出たとして、WMFは〈具体的に〉どんな対策に動くのですか?
UCoC 違反事案のほとんどはウィキメディア財団の管轄ではありません。ローカルのコミュニティもしくはグローバルな役務者(functionaries)が担当します。現在のところ、利用規約違反は同じ手順で取り扱われています。実施の具体的な詳細は第2フェーズで、理事会による UCoC 承認を経て定義するものとします。
21. UCoC は投票による議決の対象になりますか?

【原文なんですが、直前の文に、『理事会によるUCoC 承認云々』と書いてあります。ここで『投票』という語が出てくるのは、誰による投票なのかすこし混乱します】

UCoC のメインの方針文書は理事会により2021年2月に承認を受け、実効性のある方針(active policy)となりました。 UCoC 施行ガイドライン2022年【の?】に承認手続きにかけるものとし、この手続きは2021年4月受領の理事会に宛てたウィキメディアのプロジェクト裁定委員会の公開書簡により要請されたものを反映しています。(用語 ※:1=Enforcement Guidelines for the UCoC。2=Open Letter from Arbcoms to the Board of Trustees。3=Wikimedia project Arbitrators。)

Implementation

22. UCoC 施行ガイドラインはどのような内容で構成されていますか?
UCoC 施行ガイドラインは、予防作業※1(UCoC意識の促進、UCoC研修の推奨など)と対応作業※2(【違反申告? 記録文書作成のための手続きの詳細?】※3の手続きの詳細、申告された違反※4の処理、違反申告に対するリソースの提供、違反に対する強制措置※5の指定など)からなり、その趣旨はコミュニティ【間で→を横断して?】公正かつ公平なプロセスを用いてコミュニティの参加者同士がうまく協調し、誰にとってもいちばん安全な【作業】環境の提供を支えることにあります。(※:1=preventive work 。2=responsive work。3=process for filing。4=reported violations。5=enforcement actions。)
23. ガイドラインの変更による改訂はどのくらいの頻度ですか?
方針文書とガイドラインの両方に対して、実施から1年以内を含め、定期的な査定を行う予定です。
24. UCoC の監督者は誰ですか?
ユニバーサル行動規範委員会※1すなわち通称 U4C です。U4C は UCoC 違反/不履行※2の通報を監視し追加の精査※3を行【い、適切なところで】行動を起こします※4。U4C は定期的に規範施行の状態を監視し評価し【、】ときにはコミュニティおよびウィキメディア財団に対して UCoC の適切な改訂を指摘し【、】検討を【諮(はか)り←「人にやらせる」という意味だと分かりますが、たとえば学生さんにはすこし難しい語です。「提案します」などはいかがでしょうか】ます。必要に応じて、U4C はウィキメディア財団を補佐し【て、】事案の処理にあたります。【U4C は UCoC を改訂できません。財団と提携団体の(訳注=見解の)不一致への対処、UCoC を回避もしくは無視した規約を制定しません。】、あるいは UCoC ならびにその施行と無関係のいかなるできごとに関しても行動を起こすことはできません。(※:1=Universal Code of Conduct Coordinating Committee。2=訳語未定breaches違反/不履行。3=additional investigations。4=take actions。5=circumvent or disregard。)
25. U4C は、たとえば裁定委員会のような他の意思決定機関とどのような関係になるのですか?
U4C は最終的な意思決定組織※1として介入するものとし、これより高位の意思決定機関※2(例えば裁定委員会もしくは同等の他の手順※3を置かないコミュニティ)、あるいは高位の意思決定組織が事案を持ち込む場※4は存在しません。U4C はまた重度のシステム上の問題※5で既存の施行構造※6では取り扱えない場合に意思決定組織として機能します。(※:1=final decision-making body。2=no higher level decision-making body。3=other similar process。4=a place where higher decision-making bodies forward cases。5=severe systematic issues。6=existing enforcement structures。)
26. U4C はどのように組織されますか?
草稿委員会はU4C設立委員会の作成を提唱しています。U4C設立委員会はコミュニティの参加者で構成され、財団と協力してU4C創設へのプロセスを作ります。