ウィキメディア LGBT/ポータル

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia LGBT+/Portal and the translation is 90% complete.
Wikimedia LGBT+ logo - without text.svg
Wikimedia LGBT+
ショートカット
WM:LGBT
ウィキメディア LGBT+
LGBT +コミュニティをサポートし、ウィキメディアプロジェクト全体でLGBT +コンテンツを表す
ユーザーグループ。





Wikimedia LGBT+とは、ウィキマニア 2012 で初めて発表されたテーマ別組織です。この組織は、2014年9月に提携団体委員会により承認 されました。グループはウィキメディアのプロジェクト群でLGBT+ コミュニティに寄与するコンテンツの開発を促進します。ウィキメディア LGBT+ i というグローバルで 国際的な利用者グループは、人種や信教、民族や国籍、性的志向や性の自認あるいは障がいのあるなしに関わらず、どなたでも歓迎します。

使命

  1. ウィキメディア・プロジェクトを使用して、自由な文化やオープンアクセスを取り入れているLGBTの文化団体を援助します。
  2. ウィキメディア・プロジェクトでLGBTのコミュニティーの強化を促進します。
  3. ウィキメディア・プロジェクトでLGBTのコミュニティーに人気のあった記事を作成、拡張し、全言語版においてそれらの記事の総合的質の向上を図ります。

目標

  1. Improve the editing experience for all contributors by ensuring that LGBT+ related harassment is dealt with by simple policies in a prompt manner regardless of sexuality.
  2. Ensure that non-discrimination policies related to gender and sexuality are effective across all Wikimedia projects, and participate in discussions of discrimination of all types.
  3. Provide support networks for the LGBT+ community and allies, including welcoming IRC and VRT support.
  4. Provide a sympathetic appeal mechanism when dispute resolution has failed and a contributor would prefer a self identified LGBT+ mediator or arbitrator to handle their case.
  5. Create a safer environment for LGBT+ readers of Wikimedia projects, with a special interest in improving the experiences of LGBT+ youth on Wikimedia projects.
  6. Build greater community among LGBT+ Wikimedians.
  7. Coordinate cross-wiki efforts among WikiProjects engaged in specific LGBT+ content development.

戦略

ウィキメディア LGBTは、以下の方法でその使命を果たします:

  1. 組織や個人に訓練の場を提供し、ウィキメディア・プロジェクト群に記事を投稿できるようにします。
  2. 使用状況の統計やウィキメディア・プロジェクト群で関心の高かったLGBTの記事の質などの情報を作成、収集、処理し提供します。

ウィキメディア LGBT+の個々のメンバーは、LGBT+の方が興味を持っているコンテンツをご自身で投稿することをいつでも歓迎されますが、本プロジェクトが完成を目指す趣旨を実現するには、参加する多くのLGBT +啓発活動のひとつひとつがそれぞれの専門範囲でコンテンツの発展に寄与していかなければなりません。一般的な慣習として、LGBT+ の人々を教える皆さんがいずれかの分野で啓発活動を実施しているなら、また皆さんの対象とする世代の一人でも情報集めにインターネットを利用しているなら、ウィキペディアで皆さんの情報を共有していきましょう。そのような教育者の方がこれに目を止めて連絡をくださった場合に、適切な研修を受けてウィキメディア・プロジェクトで情報共有できるよう、ウィキメディア LGBT+は準備を整えておく必要があります。

結果

  • Increased participation and visibility by LGBT+ communities at Wikimedia events, building towards even greater engagement at future Wikimanias.
  • Increased (open) participation by members of the LGBT communities on all Wikimedia projects.
  • Coordination of LGBT+ WikiProjects:
    • GLAM LGBT+ history and culture presentations.
    • Increased quality and depth of LGBT+ articles.
    • Representation of LGBT+ monuments in Wiki Loves Monuments.
  • Guidelines on Outreach for recommending and improving policies across Wikimedia projects:
    • Chapter and WMF safe space policies to cover all events specifically ensuring any complaints of apparent LGBT+ related harassment are dealt with effectively and promptly.
    • Guidance for new LGBT+ editors (and those that edit LGBT+ topics) on how to stay safe and how to find help when things go wrong.
    • Simple guide to responding to LGBT+ related harassment or threats on all Wikimedia projects and IRC.
  • Access to LGBT+ specific help on-wiki, IRC and email (for example, access to LGBT+ identified VRT members via lgbt(_AT_)wikimedia.org).
  • Independent and expert assessment of the Wikimedia projects and the Wikimedia Foundation's effectiveness at handling homophobic harassment cases.
  • Commissioned surveys and statistical reporting on LGBT+ participation and perception of editing experience in order to support planned improvements.
  • Model for future minority population based thematic organizations.

活動

ウィキメディア LGBT+に連携した活動とは以下を含みます。

決議

プレスの方々へ