言語の提案の指針

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Language proposal policy and the translation is 100% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Bahasa Melayu • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Jawa • ‎Kiswahili • ‎Kırmancki • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Tagalog • ‎Taqbaylit • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎azərbaycanca • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎føroyskt • ‎italiano • ‎kurdî • ‎lietuvių • ‎magyar • ‎norsk bokmål • ‎occitan • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎shqip • ‎slovenščina • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎русский • ‎українська • ‎ئۇيغۇرچە / Uyghurche • ‎العربية • ‎تۆرکجه • ‎جهلسری بلوچی • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎کوردی • ‎नेपाली • ‎संस्कृतम् • ‎हिन्दी • ‎অসমীয়া • ‎বাংলা • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎ગુજરાતી • ‎தமிழ் • ‎ไทย • ‎ဖၠုံလိက် • ‎ქართული • ‎中文 • ‎日本語 • ‎粵語 • ‎ꯃꯤꯇꯩ ꯂꯣꯟ • ‎한국어
方針とガイドライン 言語の提案の指針
このページでは、既存のプロジェクトで新たな言語の版を開設する提案を取り扱う際の方針を大まかに記しています。この方針は言語委員会によって定義されたものです。 この方針は直近では2019年6月13日に更新されました。
言語委員会
言語委員会
依頼する利用者向け
情報
情報
プロジェクト閉鎖(自発的)
ボックスの: 閲覧 · トーク · 編集

提案を行う前にこのページに記された内容全てを確認して下さい

言語委員会申請手順および申請とプロジェクトに関するこれまでの経験に基づいて申請を処理します。特定の申請について、審査段階の目標を既に達成していると考えられる場合、委員会はその段階を飛ばすことができます。この方法なら、既存のプロジェクトが確立した言語では新規プロジェクトの提案審査を早める可能性があります。

申請手順

必要条件

以下の要件は必須 であり、満たさないうちは承認されません。基本的な要件は申請の前後どちらでも満たすことができるものの、申請前 に済ませることをお勧めします。手助けが必要あるいは質問がある場合は、委員会の委員に依頼をお願いします。

この方針の最初の版が採択される前に存在していたプロジェクト(2006年11月)は、これらの要件を満たす必要はありません。 あなたのプロジェクトが「適格」であると裁定されるべきであるという議論としてそれらを使用しないでください。 以下の適格要件を満たしていない場合でも、そのようなプロジェクトが存在するという事実は、現在の適格性の議論とはまったく関係ありません。

提案適性の要件

  1. 提案とは既存のウィキメディアプロジェクトにおいて、まだ存在しない新しい言語版の新設を指します (ウィキメディアプロジェクトの総覧またはSiteMatrixを参照)。
    (全く新しいプロジェクトを提案するなら参照先として最も適した場所は新規プロジェクトの提案です。)
  2. 言語は有効なISO 639の3文字コード(検索)が割り振られている言語である必要があります。
    • 有効なISO 639コードがない場合は、入手してみる必要があります$ refウィキメディア財団は、新しい言語エンティティの開発を目指していません。 その言語には広範な作品がなければなりません。 この言語を他の言語と区別する情報は、標準化団体にISO 639コードの作成を説得するのに通常十分でなければなりません。
    • 非常に珍しい状況ですが、先行してISO 639-3コードの取得を試みた場合、言語委員会は有効な BCP 47言語タグを備えた言語版のプロジェクトの審査を妥当と考える可能性があります。ISO 639コードもBCP 47タグもない言語は、いかなる状況においても考慮されません。
  3. この言語は、より一般的なWikiに共存できないように十分にユニークでなければなりません。 ほとんどの場合、これは地域の方言と同じ言語の異なる書かれた形式を除外します。
    • 要求される差異の程度はケースバイケースで考慮されます。 ウィキメディア財団の目的は、個々の政治コミュニティの観点からの情報ではなく、すべての人間の知識の合計への自由で公平なアクセスを提供することであるため、委員会は政治的な違いを考慮しません。
    • ISO 639–3でマクロ言語としてコーディングされるプロジェクトも場合により対象にします。ウィキメディアに同じ言語コードで既存のプロジェクトがある場合も、マクロ言語コードを採用する新規プロジェクトは通常は認可されます。その他の事例はすべてケースバイケースで決定されます。既存の言語群の中の単一言語ではなく、プロジェクトがマクロ言語版でなければならない理由があるはずだからです。
    • 言語集のコードが属するのははISO 639–2の一部であり、ISO 639–3ではありません。後者はもはやウィキメディアの新規プロジェクトで有効なコードではありません。既存のプロジェクトでそのコードを使い続けるものはいくつもありますが、いずれも移動する計画です。
  4. 提案を行うには、その言語を母語として話す十分な数の人がいて、有効なコミュニティーを形成し、閲覧ユーザ層となることができることが必要です。
    • ウィキソースのウィキについては母語として話す話者がいない言語でも許可されます。但し、可能な限り現代の言語形式を用いるべきです。
    • エスペラント語のような人工言語に関する提案であった場合、議論の末相応の合意がなされている必要があります。 (一部の認定基準には、以下に限定されないが、独立して証明された講演者数、目的のためだけに作成されたオンラインコミュニティの外部での補助言語としての使用、ウィキメディア以外での使用、一般販売用の言語での作品の出版が含まれます。) 架空言語 は、たとえISO 639–3 codeが存在するとしても、受け入れられません。 祖語はISO 639-3 codes の対象ではなく[1]、ゆえに受け入れられません。

最終承認の必要条件

  1. 「活動中の試行プロジェクト」が、多言語ウィキソース(ウィキソースのみ存在)、ウィキバーシティベータ版(ウィキバーシティのみ存在)、インキュベータ(その他全てのプロジェクト)にあります。
    • プロジェクトはこのうちのどれか1つから始めなければなりません。これはプロジェクトを始める要件を満たす十分なコミュニティがあることを証明することになるでしょう。
  2. 英語でユーザーインターフェースを理解できない人でも参加から締め出さないよう、MediaWikiインターフェースをあの言語に翻訳する努力が常に続いています。基本線として最もよく使われるMediaWikiのメッセージ の翻訳から始めることをお勧めします。これらは読者とユーザーにとって最も重要なメッセージです。ご使用の言語のウィキメディアプロジェクトがすでに存在し、これらのメッセージがすでに翻訳されている場合は、ローカライズが合理的なペースで維持し改善している証拠に、活動を続けるようお願いします。
    • あらゆるローカライズ作業はtranslatewiki.net上で調整して、あなたが活動しているプロジェクトにとどまらず、すべてのウィキメディア財団プロジェクトで利用できるようにしてください。もう1つの利点はウィキメディア財団 (WMF) の外部のMediaWikiのユーザーに向けて、製品としてのMediaWikiにより良い機能を提供できることです。そのためにはWMF以外の拡張機能の翻訳をお勧めします。
    • 地域化統計は翻訳対象に指定されたMediaWikiインターフェースの、さまざまな言語版の現状を説明するものです。translatewiki.netのグループ統計には、より詳細な情報があります。
    • 注記:MediaWikiコアメッセージ全体の13%以上が翻訳されないうちは、MediaWiki翻訳をtranslatewiki.netからエクスポートすることも、その結果をウィキメディアウィキ上で提供するのも保留される点にご留意ください。

最初の提案

議論

ユーザーは、新しい言語を開くのが良い考えであるかどうかを議論することをお勧めします。 しかし、これは票決ではありません。プロジェクトは、言語的なメリットと繁栄の可能性について評価されます。 たとえ強力な支持があったとしても、言語委員会が判断したところでは、その創設に反対する強力な議論と支持の不十分な強力な議論があると、提案は否定されるかもしれません。

検証

適格性の要件が満たされている場合、言語委員会はそれを「適格」と検証する必要があります。 これは、活動と地域化の要件が満たされた時点で、委員会が最終承認を進めることができることを意味します。 それぞれのリクエストページには、これに関する進捗状況を追跡するためのリンクが含まれています。

まだ始めていない場合、ユーザーはテストプロジェクトをインキュベーターwikiMultilingual Wikisourceまたは (場合によっては) Beta Wikiversityで書き始めるべきです。テストプロジェクトが成功したと見なされるには、少なくとも5人のアクティブユーザーがその言語を定期的に編集する必要があります。プロセスが大幅にスピードアップする可能性があることから、興味のある寄稿者を自分で探すことをお勧めします。作成後に活動がほとんどまたはまったくない場合は、プロジェクトが閉鎖される可能性にご注意ください。

最終承認

すべての要件が満たされ、詳細な調査で未解決の問題が見つからない場合、言語委員会言語委員会トークページに通知を追加して、承認待ちのコミュニティ全体に知らせます。それ以上問題が発生しなければ、リクエストは承認され、開発者はWikiを作成するように求められます。

プロジェクトを支持または反対するユーザの数は無関係です。

Wikiの開設を待つ間も、ユーザーにはテストプロジェクトの開発を続けることを強くお勧めします。これによりプロセスを加速するかもしれません。ウィキペディアの提案には、すべてのウィキペディアにあるべき記事のリストが役に立つかもしれません。テストウィキの一部として開発されたすべてのページは、開設時に実際のウィキに転送されます。

個別の問題点

古代の言語や歴史的な言語
古代の言語や歴史的な言語が使えるのはウィキソースだけですが、それはこのような言語で書かれたものは国家や話者がなくなっていたとしても現在もなお世界で重要だからです。そして可能なら(古英語に対する現代英語のように)現在使われている言語でのウィキソースのプロジェクトに対応づけるべきですが、これは必須ではありません。
人工言語
はい、人工言語のウィキはあっても構いません。現在既にエスペラント語イド語インターリングアインターリングロジバンヴォラピュク および ノヴィアルの人工言語ウィキがあります。架空言語と再建された祖語に関する必要要件の下にある、関連メモを参照してください。
必要な話者数
There should be enough speakers to form a viable community and audience. Whether a particular language qualifies depends on discussion.
テストプロジェクト
誰でもテストプロジェクトをいつでも作成できます。詳細情報はインキュベーター ウィキのメインページマニュアルを参照してください。
ユニコード化
厳密にいえば、ユニコード化は方針上はプロジェクトの承認に必須ではありません。しかし現実的に、もしその言語と文字がユニコード化されていなければ、ウィキメディアのサーバがそのプロジェクトを正確に支えることを確実にすることは不可能でしょう。

関連項目

脚注

  1. 詳細はSILのウェブサイトをご覧ください。

Cite error: <ref> tag with name "sil.org/intro" defined in <references> is not used in prior text.