Fundraising 2012/Translation/Launch email

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Fundraising 2012/Translation/Launch email and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Cymraeg • ‎Deutsch • ‎English • ‎Kiswahili • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎magyar • ‎norsk bokmål • ‎oʻzbekcha/ўзбекча • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎slovenčina • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎беларуская • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎български • ‎македонски • ‎русский • ‎українська • ‎ייִדיש • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎বাংলা • ‎ไทย • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎ • ‎中文(简体)‎ • ‎中文(繁體)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
NOTE TO TRANSLATORS

This letter is a new translation request, but re-uses large parts of the 2012 Jimmy Appeal.

https://meta.wikimedia.org/wiki/Fundraising_2012/Translation/Jimmy_Appeal

If the 2012 Jimmy Letter has been translated into your language, you can probably re-use much of it for this translation. :-)


Launch email (millions)

$familyname さま

あなたのご寄付が2012年のウィキペディアを支えてくださいました。本日ご寄付をいただくことで、その明かりをもう一年、灯すお手伝いを願えませんでしょうか。

少額の寄付が、ウィキペディアでは大きな役割を果たすのです。 グーグルは100万台のサーバーを持っているかもしれません。ヤフーには1万2000の社員がいるとのことです。しかし、私たちには約800台のサーバーと約150人の職員がいるだけです。 私たちは長年、組織のスリム化に努め、小さな組織であり続けています。私たちは使命を果たします。無駄づかいはしません。

ウィキペディアは、毎月4億5000万人が使用する、世界で5番目に大きいウェブサイトです。ページビューは月に数十億回以上にもおよびます。

商売も良いでしょう。広告も悪いことではありません。ですが、ここ、ウィキペディアにはふさわしくありません。

ウィキペディアは特別なものです。例えるなら、図書館や公園のようなものです。知の神殿のようなものでもあります。私たちが考えたり、学んだり、知識を分かち合ったりできる場所です。

私がウィキペディアを創設したとき、広告バナーを設置するような営利企業にすることもできたでしょう。しかし、私は別の道を選びました。

もしこれを読んでいる方々が以前と同じだけのご寄付を繰り返していただけるならば、この募金活動は完了するでしょう。しかし、寄付していただけるだけの余裕や心づもりが誰にでもあるとは限りません。それでもいいのです。例年、辛うじて不足しない程度に、いろんな方々が寄付を決意してくださっています。

このウィキペディアを守り、維持していくために、500円、2000円、5000円 ほど、できる範囲でのご寄付をご検討いただければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

ジミー・ウェールズ
ウィキペディア創設者

Launch email (thousands)

$familyname さま

あなたのご寄付が2012年のウィキペディアを支えてくださいました。本日ご寄付をいただくことで、その明かりをもう一年、灯すお手伝いを願えませんでしょうか。

少額の寄付が、ウィキペディアでは大きな役割を果たすのです。 グーグルやヤフーは何千ものサーバーと社員を抱えているとのことです。しかし、私たちには約800台のサーバーがあり、約150人の職員がいるだけです。 私たちは長年、組織のスリム化に努め、小さな組織であり続けています。私たちは使命を果たします。無駄づかいはしません。

ウィキペディアは、毎月4億5000万人が使用する、世界で5番目に大きいウェブサイトです。ページビューは月に数十億回以上にもおよびます。

商売も良いでしょう。広告も悪いことではありません。ですが、ここ、ウィキペディアにはふさわしくありません。

ウィキペディアは特別なものです。例えるなら、図書館や公園のようなものです。知の神殿のようなものでもあります。私たちが考えたり、学んだり、知識を分かち合ったりできる場所です。

私がウィキペディアを創設したとき、広告バナーを設置するような営利企業にすることもできたでしょう。しかし、私は別の道を選びました。

もしこれを読んでいる方々が以前と同じだけのご寄付を繰り返していただけるならば、この募金活動は完了するでしょう。しかし、寄付していただけるだけの余裕や心づもりが誰にでもあるとは限りません。それでもいいのです。例年、辛うじて不足しない程度に、いろんな方々が寄付を決意してくださっています。

このウィキペディアを守り、維持していくために、[$$donateurl 500円、2000円、5000円] ほど、できる範囲でのご寄付をご検討いただければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

ジミー・ウェールズ
ウィキペディア創設者