リングアリブレ

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Lingua Libre and the translation is 42% complete.
Lingualibre-logo.svg
言語記録プロジェクト
Wikimédia France 提供
Coolest Tool Award 2020 square logo.svg

Lingua Libre

2020 Coolest Tool
Award Winner

in the category
Diversity

情報
ウェブサイトlingualibre.org
開始2015
統計
記録+700,000
言語+150
話者+750
連絡先
Adélaïde Calais WMFr, Rémy Gerbet WMFr, Pamputt

Lingua Libreウィキメディア・フランス によって開発された企画で、共同で、多言語で視聴覚による集積をフリーライセンスの下で次の理由で構築されることを目的としています。

  • 言語に関し言語知識を、ウィキメディアプロジェクトの内外におけるウェブサイトにおいて視聴覚的な方法で拡散する
  • コミュニティがオンラインの情報にアクセスするのを助け、コミュニティの言語の活力を確実にするために、特に恵まれず、少数派、地域的、口頭または手話による言語のオンライン言語コミュニティの開発を支援する。

開発の理由

ウィキメディアプロジェクトやウェブ上の多様性と口頭性の欠如によって、一般的に、インターネットの利用者が言語を共有するコンテンツやコミュニティを見つけることができないさまざまなウェブプラットフォームにオンラインで通信して貢献する能力が制限されています。そのことは口頭または手話である地域の少数言語の中で、特に恵まれない言語を脅かしています。それらの多くは現在絶滅の危機に瀕しており、ウェブへの掲載が大きな課題と機会となっています。確かに、今日存在する7,000言語のうち、2,500言語のみが次の世紀まで生き残り、わずか250(5%未満)がそれらを作成すると推定されています。デジタルアセント、それは少数言語の活力にとってまだ不可欠な要素です。危機に瀕した言語でデータ、資源、コンテンツをオンラインで文書化および共有するための言語学者および活動家による現在の先導は、インターネットの利用者のデジタルの尊属言語コミュニティの発展に直接貢献していないため、影響は限定されたままです。

Lingua Libre aims to make up for this lack of support by offering an online solution for mass recording, leading to the publication of a collaborative multilingual audiovisual corpus under free licence, whose aim is to document and to revitalize languages by triggering the contribution of new language communities on Lingua Libre and then outside.

How?

Lingua Libre is a tool that allows to record a large number of words in a few hours (up to 1,000 words/hour with a clean word list and an experienced user). It automatizes the classic procedure for recording and adding audio-visual pronunciation files onto Wikimedia projects. Once the recording is done, the platform automatically uploads clean, well cut, well named and apps-friendly audio files, directly to Wikimedia Commons.


Established partnerships

  • The DGLFLF: (General Delegation for the French language and the languages of France), part of the Ministry of Culture in France
  • Lo Congrès: The permanent congress of the Occitan language
  • The Maison de la Nouvelle-Calédonie à Paris: (House of New Caledonia in Paris), which represents New Caledonia in Metropolitan France
  • The OLCA: Office for the Language and Cultures of Alsace and Moselle
  • Plateforme Atlas: an association aiming to promote and facilitate access to culture, humanities and arts, in any language (contact)

Community

To join us, simply add your name below with ~~~

The image above is interactive when clicked
Color-coded interactive map of Lingua Libre speakers (map query).
 

Active administrators

Join the discussions

Visit Lingua Libre's Chat Room

Visit Lingua Libre's Discord Server

See also